巻頭インタビュー

近い将来、卒業を前に企業に就職しようとする時、あなたが「その仕事にふさわしい能力を持っている」ことをどうやって証明すれば良いのでしょうか?「私には、これができます!」と、あなたの能力を客観的に証明してくれるもの……それが「資格」です。資格を持っていれば合格する、というわけではありませんが、あなたの本気度を示すアピールポイントになるとともに、就職後、資格はあなたにとって仕事上の武器にもなります。

英語力 TOEIC® L&Rテスト

ビジネスで必要とされる英語力。TOEIC 600点以上を期待する企業は多い。大学在学中、英語のクラス分けや単位認定などにも利用されています。

パソコンスキル MOS検定

パソコン上で実際にWordやExcelなど、マイクロソフト社の事務処理ソフト「Office」を操作して解答する実技試験で、世界中で通用する国際資格です。

経理能力 簿記検定

ビジネスに必要な会計知識と、財務諸表を読み、経理管理や分析ができる能力を示す資格が(日商)簿記検定。2級以上なら就活でも高く評価されます。

司法書士、行政書士、宅建士、社会福祉士、税理士、FP、各種外国語検定、旅行業務取扱管理者、色彩検定、ITパスポート…、取得可能な資格は、まだまだ沢山あります。あなたが将来就きたい仕事に必要と思われる資格を目指して、学生生活を有意義に過ごしましょう!