英語学習「使わなければ使えるようにはなりません。」

使わなければ使えるようにはなりません

「英語が使えるようになりたい」と思った理由は何でしょう?

海外留学をめざしたいから? 海外旅行を楽しみたいから? 海外で働いたり、グローバルな仕事につきたいから? それとも、大学の試験でTOEICやTOEFLを受けないといけないから? 就活にはTOEICが必要らしいから? なんとなく英語ができないとダメそうな気がするから??

そして、あれだけ英語の勉強を頑張ってきたのに、実際の場面で使えるようにならない。
その理由は何でしょう??

これまでの学校英語・受験英語は、実際のコミュニケーションの場面とはまったく切り離された環境での「勉強のための英語」でした。
ほとんどの場合、日本の習慣や感覚のまま、コトバだけを英語にしようとしていたのではないでしょうか?
それでは使えるようにはなりません。

なぜなら、コトバにはそれを話す姿勢が、コトバそのものよりも大切になることがあるからなのです。
例えば、授業でわからないことがあったとき、あなたは自分から手を上げて質問できますか?「自分だけわかってないみたいでカッコ悪 い」「目立つのは恥ずかしい」…日本だったらそう思うのが普通かもしれません。

でも、英語圏だとわからないことがあると、「当然手を上げて質問するだろう」と先生は思っていますし、それがカッコ悪いなんて思いません。 むしろ、わからないのにそれをアピールしないのは「やる気がない」と思われてしまいます。 こういう違いがわかることを「異文化間理解」といいます。

このことを考えずに、語学力だけを上げようとすると、「TOEICのスコアは高いのに実際にはほとんどコミュニケーションができない」なんてことが起こってしまうのです。

「英語が使えるようになりたい」
そう思ったら、必要なのは「語学力」+「異文化間理解」です。
そして「ある程度の語学力がないと異文化間理解を身につけても仕方ない」のではなくて、「一緒に」身につけることができるのです。

そのためには、「実際に英語を使ってみる」ことが何より効果的です。 アウトプットする場面を持つことが絶対に必要です。

英語が好きだった人も、そうでなかった人も。
英語の成績が良かった人も、そうでなかった人も。
大学生協の英語講座は、「実際に使えるようになる」ための、QuickResponse Programにもとづいた異文化間理解の力も身につけられる他にはない講座なのです。

ページTOP

英語コミュニケーション講座

英語コミュニケーション講座は、日常的なコミュニケーションの場面での英語を「使えるように」するための講座です。

講座風景

講師がレッスンをつけるよくあるパターンの英会話講座とは異なり、この講座では先輩の学生リーダーが大きな役割を発揮します。
同級生同士、あるいは先輩と一緒に楽しいゲームやアクティビティも交えながら、あらゆる場面で英語を使う機会を持つことで、自然と英語的な発想や態度が育まれるように作られています。
この英語コミュニケーション講座で学ぶことで、特別な対策をしなくてもTOEICのスコアアップを狙うことができます。
これまでなんとなく英語を敬遠していた人にこそ、ぜひ参加して「英語ができるようになった自分」を体験してください。

ページTOP

アカデミックコミュニケーション講座

アカデミックコミュニケーション講座は、外国人講師の授業を英語で聞いたり、ディスカッションに参加したり、大学の研究や発表の場面での英語を「使えるように」するための講座です。

この講座では、日常的なコミュニケーションや生活のための英語にとどまらず、英語で行われる授業を理解し、アカデミックな場面でも通用するような語彙や表現も学びます。
この講座で学ぶことで、特別な対策をしなくてもTOEFLやIELTSのスコアアップを狙うことができます。
これから日本の大学でも英語の授業は増えてきます。海外留学を目指している人はもちろん、英語で発表される世界の最先端の研究に触れたい人、海外からの留学生や研究者と専門的な話題でもコミュニケーションをとりたい人にとって、他では体験できない講座です。

  • 写真は大阪市立大学生協で開講している英語コミュニケーション講座の様子です。
  • 英語コミュニケーション講座・アカデミックコミュニケーション講座は、大学によって名称が異なっていたり開講されていない場合があります。詳しくは各大学生協からの案内物をご参照ください。

HOME