公務員を目指す!

公務員の職種

公務員といっても国家公務員、地方公務員とあり、数多くの職種があります。また一つの試験対策で6~7つの職種を併願することが可能です。受験生もほとんどの人が併願をしています。

国家公務員

試験名
仕事の内容
国家総合職
財務省、経済産業省、文部科学省、などの中央省庁などで「国を動かす」仕事、いわゆるキャリア組です。
国家一般職
中央省庁の中堅職員あるいは出先機関の幹部職員として、国家の屋台骨を支える存在である。スペシャリストとして特定の部局を中心にした異動が多いが、ゼネラリストとしての道もあり、職務形態は多様である。ハローワーク、税関など。
国税専門官
国の財政基盤を支える税のスペシャリスト。法律、会計学などの専門知識を駆使して適切かつ公平な課税を実現し、租税収入の確保を行う。仕事の性質上、強靭な精神力とバイタリティーが求められる。
財務専門官
金融機関の検査・監督や国有財産の管理・活用を行う業務に従事。財務省や金融庁の施策の企画・立案や地域と密着した様々な業務に携わる。
労働基準監視官
労働者の賃金や労働時間に関する労働条件の改善、確保を図る。労働者の生命と健康を守るために、監督・調査を事業主に対して行う。
裁判所職員
各裁判所に配属され、各種裁判事務やその合理的・効率的な運用を図るための事務を行う。内部選抜試験により裁判所書記官への道が開かれている。
法務省専門職員
(人間科学)
矯正心理専門職、法務教官、保護観察官と区分が分かれており、少年の資質調査、矯正教育、更正保護に関する業務に従事する。
衆議院事務局
衆議院の議員活動を補佐し、本会議や委員会の運営、調査に関する事務および一般事務に従事する。特別職の国家公務員。
参議院事務局
参議院の議員活動を補佐し、本会議や委員会の運営、調査に関する事務および一般事務に従事する。特別職の国家公務員。
国立国会図書館
国会議員の調査研究活動の補佐、一般国民へのファレンスサービス(調査依頼受付)など、幅広い業務を行う。

地方公務員

試験区分
仕事の内容
道府県庁上級
市町村の区域を越える広域的行政や連絡調整事務を扱う。総合開発計画の策定や道路・河川の管理など、仕事の分野は幅広い。特定の部局に限らず、本庁の各部門や出先機関の様々な職場に幅広く配置され、多彩な職務に従事する。
都庁
業務内容は基本的に道府県と同じだが、1,200万人の都民を対象に、日本の首都東京の未来を担う大変やりがいのある仕事である。
政令指定都市
(大阪市や京都市など)
政令で指定を受けた都市の職員。本来都道府県が行う事務も含め、一般の市に比べて分掌事務が広範囲にわたる。県庁と試験は同じ日に実施される。
東京23特別区
事務内容は基本的に一般の都市と同じだが、首都東京に拠点を置きつつ地元に密着した仕事ができるという魅力がある。また理科系の方には技術職でも数多くの職種がある。
市役所
住民生活に密着した第一線の業務を担う。住民の健康安全の確保、戸籍の管理など、身近で基本的なサービスを提供する。窓口の職員というイメージが強いが、一人暮らしの老人宅を訪問する部署などもある。
警察官
交番勤務や機動隊などの第一線に配属された後、本人の希望に応じて専門分野に配属される。刑事課や生活安全課等数多くの部署がある。
消防官
消火、救助、救急、予防活動など、消防、防災行政の幅広い業務に携わる。

ページTOP

公務員になる為には試験が必要だった! 試験について簡単にご説明

ほとんどの自治体での1次試験が下記の科目のマークシート(5択)で教養40~50問、専門40~50問と800~1000文字程度の論作文。2次試験で集団討論や面接が実施されています。

●教養科目

どこでも絶対必要なのが教養科目! 警察、消防、一部の市役所、国立大学法人などはこの科目!

過去問と過去問アレンジからの出題が6~7割出題されます。またセンター試験の難易度を10としたら公務員の教養科目は6~7のイメージです。

●専門科目

+αで受験の幅がひろがる専門科目! 県庁、東京23特別区、政令指定都市や国家公務員も受けられます。

専門科目も教養科目同様に過去問と過去問アレンジから6~7割出題されます。こちらもイメージですが大学入試試験の難易度を10としたら8程度の難易度です。ただし初めて勉強する科目がほとんどで科目数も多い為、ある程度の学習期間は必要です。

ページTOP

公務員試験合格インタビュー


水野 大貴 さん

面接や小論文も念入りに対策していただいたので、
本番は自信をもって臨めました。

公務員試験予備校EYE(大阪本校)
関西学院大学 総合政策学部4回生(受験時)
合格先:国家一般職(大阪税関)、国税専門官

公務員を目指した理由

2回生の頃に仕事について考える授業を大学で履修し、自分の将来について悩んでいました。その際に、民間企業で働くイメージがもてず、地元や国民のために働く公務員を考えるようになりました。

なぜ独学ではなく予備校なのか

周りに公務員試験を受けた人がいなく、情報が少なく困っている時に、EYEからパンフレットが送られてきて、説明会に参加しました。その際に、親身になって相談に乗って下さったので、予備校に通うことに決めました。また、大学で法律や経済などの科目を履修したことが無かったので、独学よりも予備校に通った方が早く正確に理解できると思ったのも理由の一つです。入校してからも、勉強面では担任の先生に進捗状況をいつでも相談できましたし、面接や小論文も念入りに対策していただいたので、本番は自信をもって臨めました。

公務員試験で大変だったこと工夫したこと

一番大変だったのは、モチベーションの維持です。科目が多い上に長期戦で、直前期には心身の疲労がとれなくて苦労しました。そんな時でも、EYEに毎日通って受験生同士で励ましあって自分の不安や悩みを溜め込まないようにしていました。

メッセージ

一口に公務員といっても、業務内容はとても幅広いです。きっと自分に合った職場に出会えると思います。目標が決まったら、自分が合格した姿やそこで働いている姿を想像して努力してください。皆さんが第一志望に合格できることを祈っています。


早瀬 美菜子 さん

結婚、出産してもそのあときちんと復職できる環境、
そう考えたときに公務員はぴったりだと思いました。

公務員試験予備校EYE(京都校)
龍谷大学 文学部 4回生(受験時)
合格先:京都市上級Ⅰ、国家一般職、国税専門官

公務員を志望した理由

私は、就職を考えたときに、働き続けることができる環境が整っているところで仕事がしたいと思いました。もし結婚、出産してもそのあときちんと復職できる環境、そう考えたときに公務員はぴったりだと思いました。また、ひとつの事を追求するのではなく、様々な業務を経験したいという気持ちもあり、自分の生まれ育ち愛着ある地元で公務員として、40 年間働いていきたいと思いました。

なぜ独学ではなく予備校なのか

理由は3つあります。
1つ目は、モチベーションの高い仲間が周りにいる環境で勉強したいと思ったからです。公務員試験は、30科目近くありいかに効率良く勉強するかが大切なので、独学ではなく予備校に通う事を決めました。
2つ目は、EYEは少人数制の予備校だったことです。科目の質問はもちろんのこと、学習の進捗状況の相談や面接の相談などできる個別相談の制度が設けてあったので、私は入校後毎月必ず利用していました。
3つ目は、DVDブースで講義を無料で何度も繰り返し見れるからです。体調を崩したり、予定があるときでもしっかりフォローできました。

公務員試験で大変だったこと

大学受験の経験がない私は、まず勉強のやり方すらわかりませんでした。EYEでは週間実績表という制度があり、自分の勉強ペースをチェックしてもらえたので安心して勉強に取り組めました。面接は大の苦手で、最初は上手く出来なかったのですが、早い時期から対策講義があり何度も実践練習をしてもらいました。結果的に本番は良い結果を出すことができたので、早めの準備が大切だと思いました。

メッセージ

公務員試験は長い道のりです。モチベーションが下がったり、辛くなったりすることもあります。そんな時、同じ目標を持つ仲間や担任の先生に相談したり、思いっきり気分転換したり、メリハリを付けて取り組んでいくと良いと思います。乗り越えた分だけ、合格した時の喜びは大きいです。40年間働く場所なので、妥協をせず自分の行きたい所に向かって、全力で頑張ってください。

HOME