就活体験記

みなさんも大学の就活に関するセミナーに、参加されるなど、就職や将来についてお考えのことと思います。今回このページに載せましたのは、2015年3月卒業の先輩方が「Jobサポ」に寄せていただいた就活体験記からの抜粋(先輩のアドバイス)です。ご一読いただき、今後について思いをはせていただければと思います。
1・2回生の方にとってはまだ先のことと思われるかもしれませんが、ぜひお読み下さい。いまのうちに、勉強はもちろん、大学生活で、いろいろな体験を積み、様々な人と交わってください。企業は、採用場面でみなさんの学生生活の過ごし方を見ることも多いようです。

就活スケジュールに関して、2016年度に就活をされる皆さんは、この体験記の先輩方より後ろにずれています。ご注意ください。

就職先を決めた理由

企業を決めた理由

一番大きな理由は社員の方々が本当に私のことを知ろうとし、私の話に耳を傾けてくださり、評価してくださったと感じられたからです。同業他社の面接では、淡々と面接が進んでいきました。萎縮してしまって、あまり自分らしさを出せていなかったと思います。しかし、内定先の企業は学生の私に対しても丁寧に対応してくださり、学生時代がんばったことを聞いて、「あなたの経験から、営業が向いている」、など本当に私のことを考えてくれているのが伝わってきて、そんな人達と働けたら楽しみながら仕事ができるのではないかと思えたからです。

たくさんの企業をまわり自分の目で企業を確かめる

個別(自社)説明会に行ったときに直感で、「この企業で働く気がする」と思いました。私の就職先の企業は知名度が低いため、就活を始めるまでは名前すら知りませんでした。プレエントリーの段階でたまたまヒットしたから自社説明会を予約したというような軽い気持ちで説明会に行きました。しかし、自社説明会に参加した際に上記のような直感を受け、一気に志望度が上がったためエントリーしました。企業のことを調べるうちに自分の就活の軸に当てはまることが多く、直感で良いなと思ったこともありOB訪問しました。このようにしてOB訪問や説明会を通じて職員の方々と話すことで自分の“雰囲気”と企業の“雰囲気”が一致するように感じました。そのおかげもあり、選考ではほとんど緊張することもなく、無事内定までたどり着くことができました。
その時期に就活を経験された方から「たくさんの企業を回って、自分の目で企業を見たほうがいいよ。そしたら必ず『相思相愛の企業』が見つかるから。」と言われました。本当かなと思いながらも、結局就活が終わってみればその通りになっていました。

ページTOP

就活こころがまえ

エントリーシートは書けば書くほどうまくなる!

説明会に参加することでESや面接での志望動機に深みや説得力が増しますし、実際の社員の方と関わることで、その企業と私自身がマッチしているのかということがわかるようになっていきました。

暇な時期にこそ,多くの企業を回れるよう努力すべきです.また,ESは書けば書くほどうまくなります。初めは何もわかりませんでしたが,とりあえず書いたものをキャリアセンターの人に添削してもらっていました。これを繰り返すことがES通過率を上げる近道なのではと思います。

メールチェックと早め対応

エントリーした企業から様々なメールが届き始めると思います。面倒くさいかもしれませんができるだけしっかりチェックしておいた方がいいです。説明会の予約開始時刻が決まっているところもあり、5分で説明会や面接が終わる企業もあります。ベンチャー企業や外資系は早い時期から面接を始めるところがあります。いきたくない会社を無理矢理受ける必要はないと思いますが、少しでも働いてみたいと思ったのであったらエントリーシートを出してみてください。面接は慣れも必要です。早いうちから緊張に慣れておくことも大切だと思います。私はこの時期に2社ほど面接を受けましたが緊張しすぎて何を話したか覚えていません。

気分転換

いやいや取り組んでも、就活はうまくいかないと考え、OFFの日を設けたりして気持ちのリフレッシュをしました。1日ゴロゴロしたり、ご飯を食べに行ったりして、就活とはべつのことに取り組む時間も大切だと実感し、それから適度に休むことを予定に取り込むことにしました。

1歩ずつでも進めること

就職活動は辛いことがたくさんあると思います。たくさんの企業から落とされると自信がなくなってきます。自信がないと面接でうまくいきません。できれば一緒に楽しんで就活できる友達を作るようにしたらいいと思います。
就職活動は一度立ち止まると、再び歩き始めるのにとても労力を要します。途中で疲れてしまうことがあると思いますが、できれば一社ずつでもいいのでESを書くか面接にいってください。選考中の企業が一個もなくなるととても辛いです。

企業選びの軸は

企業選びの軸を考える→それに当てはまる“企業選び”をすべきです。アルバイトや今までの人生から、自分はどういう仕事をしたいか、例えば人々を笑顔にしたい、どんどんキャリアアップをしていきたい、等、単純なことでもいいので、企業選びの軸を決め、それに当てはまる企業を見ていくべきです。

就活アドバイス4項

優先順位を考えること。勤務地、福利厚生、職務内容など、どの条件をどの程度自分が求めているかを整理する。

相手が何を求めているか考えること。エントリーシートでも面接でもこちら側のどのような面を見る質問なのかを考える。

どんな仕事が自分に合っているかわからないときは働いてもいいと思えるところは全部受ける。人事の採用担当の方は人を見極めることが仕事なので、学生がその仕事に合っているかどうかはこちらが決めなくても人事の方が決めてくれます。

たくさんの人に頼ること。友達、先輩、後輩、家族などたくさんの人に支えられて就職活動を乗り切ることができました。頼られて嫌がる人はほとんどいません。勇気をもって頼ってみてください。

その他

新聞を読むこと

日頃から大学の図書館で新聞に目を通すようにしていました。僕の場合、読売新聞と日経新聞の2社は毎日読むようにしました。特に就職活動をする人にとっては、業界や企業ごとの動向を追っている日経新聞には必ず目を通すべきだと思います。なぜなら実際に、面接の場において、「最近気になるニュース」や「エントリー先の企業において最近に気になったこと」を聞かれることがあったからです。また、読売新聞においても、毎週火曜日に就職活動向けのコラムが連載されているので、個人的にはお勧めです。

スーツ

ピーク月は、ほぼ毎日企業の方と会っており、スーツを休ませる時間がなく、しわ取りスプレーだけでは対処できなくなってきていたので、スーツをもう1着買いました。ローテーションさせて、しわのないスーツで面接等に挑めるようにしていました。
まだピンと来ない方も多いと思いますが、必要を感じたときにあらためて読み直してください。私たちも応援しています。元気にのりきりましょう。

忙しい就活

エントリーシート(ES)の締め切り、WEBテスト、筆記試験、またそれらの対策、(中略)、ある程度行きたい企業が定まってきたので、OBOG訪問、本当にやることがいっぱいで、毎日が忙しかった。 

2回生冬……就職活動を意識し始める

サークルや部活動もせず、人に自慢できるようなアルバイトをしたこともなかったので、その焦りからか就職活動を意識し始めたのが、1つ先輩の学年の就活解禁時という、人よりも少し早い時期だったと思います。そこから何ができるのか? と考えた時に「資格を取得する」ということが思い浮かびました。そこで、毎日往復3時間かかる通学時間に資格の勉強を始めました。この勉強は就職活動中も続け、結果的にFP3級・2級、簿記3級、TOEIC870点を取得することができ、資格自体をアピールできたとともに、この経験を「コツコツ努力することができる」という自己PRにつなげることもできました。

JOBサポ

京阪神北陸地域の先輩方の就職活動体験記も載せているWEBサイトです。就活準備の参考にしてください。

(来春)2016年3月卒業予定の方の就活体験レポート等は、2015年10月後半から順次、掲載予定です。

先輩から後輩へ応援メッセージ

JOBサポ webサイトはこちら

ページTOP

HOME