TOEICの他、「就活」に有効な検定を、ここでは二つご紹介します。

日商簿記

日商簿記とは

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、営業成績と財政状態を明らかにする技能です。
簿記の知識は、経理業務だけではなく、営業や経営分析、コスト管理などあらゆる場面において活用でき、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しています。また、大学や短大の単位認定の基準に採用されているところもあり、年間で約70万人が受験する「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ています。

各級の基準・特典

  級   基準
1級

税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。

税理士試験の受験資格が与えられる。

2級 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できるので株式会社の経営管理に役立つ。
3級 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

MOS試験
マイクロソフト オフィス スペシャリスト

パソコンの操作スキルが身につく人気の資格。
累計受験者330万人超。
就活で履歴に書くならこの資格。

MOS試験とは

MOS試験はエクセル、ワード、パワーポイントなどの利用スキルを証明する国際資格で、世界各国で実施されています。試験は全てパソコンを使った実技試験です。合否の結果は試験終了後に分かるので、取得したその日から履歴書の資格欄に書いて企業にアピールできます。

社会に出てから役立つパソコン力

業界や職種を問わずあらゆる企業で求められるスキルは、エクセルやワードを効率的に使い、速く・わかりやすく・説得力のある資料を作ることができる“事務力"です。今の時代、事務力とは“パソコン力"と言っても過言ではありません。
事務の業務効率が上がると、アイデアを練る時間や新しいことに取り組める、つまりビジネスパーソンとして質の高い仕事ができるため、金融、商社、メーカーなど多くの企業が新入社員教育としてMOS試験を採用しています。

勉強と受験方法

大学生協で販売している対策テキスト(模擬問題CDーROM付き)での独学が手軽です。全国一斉試験は月に1~2回実施しています。

HOME