公務員の職種

公務員といっても国家公務員、地方公務員とあり、数多くの職種があります。また一つの試験対策で6〜7つの職種を併願することが可能です。受験生もほとんどの人が併願をしています。

国家公務員

試験名
仕事の内容
国家総合職
財務省、経済産業省、文部科学省、など中央省庁などで「国を動かす」仕事、いわゆるキャリア組です。
国家一般職
中央省庁の中堅職員あるいは出先機関の幹部職員として、国家の屋台骨を支える存在である。スペシャリストとして特定の部局を中心にした異動が多いが、ゼネラリストとしての道もあり、職務形態は多様である。ハローワーク、税関など。
国税専門官
国の財政基盤を支える税のスペシャリスト。法律、会計学などの専門知識を駆使して適切かつ公平な課税を実現し、租税収入の確保を行う。仕事の性質上、強靭な精神力とバイタリティーが求められる。
財務専門官
金融機関の検査・監督や国有財産の管理・活用を行う業務に従事。財務省や金融庁の施策の企画・立案や地域と密着した様々な業務に携わる。
労働基準監視官
労働者の資金や労働時間に関する労働条件の改善、確保を図る。労働者の生命と健康を守るために、監督・調査を事業主に対して行う。
裁判所職員
各裁判所に配属され、各種裁判事務やその合理的・効率的な運用を図るための事務を行う。内部選抜試験により裁判所書記官への道が開かれている。
法務省専門職員
(人間科学)
矯正心理専門職、法務教官、保護監察官と区分が分かれており、少年の資質調査、矯正教育、更正保護に関する業務に従事する。
衆議院事務局
衆議院の議員活動を補佐し、本会議や委員会の運営、調査に関する事務および一般事務に従事する。特別職の国家公務員。
参議院事務局
参議院の議員活動を補佐し、本会議や委員会の運営、調査に関する事務および一般事務に従事する。特別職の国家公務員。
国立国会図書館
国会議員の調査研究活動の補佐、一般国民へのファレンスサービス(依頼受付)など、幅広い業務を行う。

地方公務員

試験区分
仕事の内容
道府県庁上級
市町村の区域を越える広域的行政や連絡調整事務を扱う。綜合開発企画の策定や道路・河川の管理など、仕事の分野は幅広い。特定の部局に限らず、本庁の各部門や出先機関の様々な職場に幅広く配置され、多彩な職務に従事する。
都庁
業務内容は基本的に道府県と同じだが、1,200万人の都民を対象に、日本の首都東京の未来を担う大変やりがいのある仕事である。
政令指定都市
(大阪市や京都市など)
政令で指定を受けた都市の職員。本来都道府県が行う業務も含め、一般の市に比べて分掌事務が広範囲にわたる。県庁と試験は同じ日に実施される。
東京23特別区
事業内容は基本的に一般の都市と同じだが、首都東京に拠点を置きつつ地元に密着した仕事ができるという魅力がある。また理科系の方には技術職でも数多くの職種がある。
市役所
住民生活に密着した第一線の業務を担う。住民の健康安全の確保、戸籍の管理など、身近で基本的なサービスを提供する。窓口の職員というイメージが強いが、一人暮らしの老人宅を訪問する部署などもある。
警察官
交番勤務や機動隊などの第一線に配属された後、本人の希望に応じて専門分野に配属される。刑事課や生活安全課等多くの部署がある。
消防官
消火、救助、救急、予防活動など、消防、防災行政の幅広い業務に携わる。 

ページTOP

公務員になる為には試験が必要だった! 試験について簡単にご説明

ほとんどの自治体での1次試験が下記の科目のマークシート(5択)で教養40〜50問、専門40〜50問と800〜1000文字程度の論作文になり、2次試験で面接または集団討論が実施されています。

●教養科目

どこでも絶対必要なのが教養科目!警察、消防、一部の市役所、国立大学法人などはこの科目!

過去問と過去問アレンジからの出題が6〜7割出題されます。またセンター試験の難易度を10としたら公務員の教養科目は6〜7のイメージです。

●専門科目

+αで受験の幅がひろがる専門科目!県庁、東京23特別区、政令指定都市や国家公務員も受けられます。

専門科目も教養科目同様に過去問と過去問アレンジからの出題が6〜7割出題されます。こちらはイメージですが大学入試試験の難易度を10としたら8程度の難易度です。ただし初めて勉強する科目がほとんどで科目も多い為、ある程度の学習期間は必要です。

ページTOP

公務員試験合格インタビュー


渡邉啓太 さん

DVDが見放題で予約もいらないため、自分のようなマイペースな人間にはマッチしていました。

グローバルEYE(京都本校)
同志社大学 経済学部 4回生 (受験時)
合格先:京都市上級、国家一般職、国税専門官

公務員を目指した理由

三回生になり、自分の進路について考えた際に、公務員は民間と比べて安定している上、休日がしっかり確保できるというイメージがありました。また、公務員は人の役に立つことが好きな自分に合っていると思ったことがきっかけでした。

予備校の選択

いくつか予備校を訪ねた中で、EYEは月1回の個別面談や定期的なイベントが充実していました。また、DVDが見放題で予約もいらないため、自分のようなマイペースな人間にはマッチしていました。公務員専門校であるということで、同じ目標を持って頑張れるという部分にも魅力を感じて入学して勉強をスタートしました。

勉強で工夫したことや、苦労したこと

DVDで復習しつつ主要科目を中心に時間で区切ってたくさんの科目をこなすことを心がけました。ダーウィンの問題をやり尽くしたなと感じた科目から他の問題集の問題に取り組み始めた。
自分の苦手な部分やよく出題される部分中心に講師のアドバイスを聞いたり、テキストを読んだり、講義DVDを見たりしながら、取りこぼしを減らすように勉強しました。直前期は妥協は一切せずあと少しだという気持ちで頑張りました。
面接練習は直前気になると、仲間と教室やブースをレンタルしてお互いに面接官や受験者の役をして練習しました。もちろん受験者の役をすることは練習になりますが、面接官の役をすることで、面接官の視点に立つことでどんな意図をもって質問をするかなどがわかりますし、仲間が受答えをする姿を見ることはとても勉強になりました。

メッセージ

公務員試験について、とても難しく自分では合格は無理なんかじゃないかと思う人も多いでしょう。しかし公務員試験は目標を定め、周りの人を頼り、最後まで努力し続けるなど、やるべき事をやれば必ず良い結果が得られるものだと思います。この先、四十年の自分の将来のためにぜひ頑張って下さい!


奥谷もえ さん

1人1人へのサポートも厚く、合格までしっかり導いてもらえたと思います。

グローバルEYE(大阪本校)
関西学院大学 法学部 4回生 (受験時)
合格先:警視庁警察官・京都府警察官

公務員を志望した理由

私が警官になると決めたのは大学2回生の終わり頃でした。就職活動を目前に控えた時期にどうしても自分が民間企業で働いている姿が思い浮かばず、自分を見つめなおした結果が警察官でした。昔から犬が好きで、犬を商売で扱うのではなく犬と一緒に仕事ができる警察犬の訓練士という仕事が私にとってとても魅力的でした。なので公務員を志望したというよりは、やりたい仕事が公務員だったので試験を受けることにしたという形です。

なぜ独学ではなく予備校なのか

公務員試験の試験範囲は膨大です。特に私は勉強が要領よく出来ないタイプなので独学で全範囲を勉強するとなると合格までに何年かかるかわかりません(笑)そこで要点をまとめて講義してくれるのが予備校でした。予備校はたくさんありますが、その中でもEYEは2次試験の面接対策まで充実していて、1人1人へのサポートも厚く、合格までしっかり導いてもらえたと思います。

公務員試験で大変だったこと工夫したこと

私が公務員試験の長い準備期間で1番堪えたのが合格しなければならないというプレッシャーでした。民間で就職活動をしている友人たちはどんどん内定がでているのに、自分はひたすらに勉強するしかありません。正直この時期が1番つらかったです。でもそんなときに予備校に行くと、先生に励まされたり同じ境遇で頑張っている人を見たりして、また気持ちを切り替えて勉強することができました。何事も気の持ちよう!焦らすに確実に前進していけるように心がけました。

メッセージ

公務員はどの職種にしても、自分の一生の仕事にするのに適したやりがいのある仕事だと思います。少しでも公務員の仕事に興味があるなら、それを目指して充実した生き方をしてほしいです。公務員は学歴や職歴に合否を左右されず、面接も人物重視が多いです。みんなに平等にチャンスがあるので、最後まで諦めずに頑張ってください!

HOME