”就活”に効く検定試験

検定試験にも用途に応じて様々な種類があります。
ここでは、「就活」に有効な検定試験をご紹介します。

日商簿記

日商簿記とは

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、営業成績と財政状態を明らかにする技能です。
簿記の知識は、経理業務だけではなく、営業や経営分析、コスト管理などあらゆる場面において活用でき、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しています。また、大学や短大の単位認定の基準に採用されているところもあり、年間で約70万人が受験する「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ています。

各級の基準・特典

  級   基準
1級

税理士、公認会計士などの国家試験の登竜門。大学程度の商業簿記、工業簿記、原価計算並びに会計学を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。

税理士試験の受験資格が与えられる。

2級 高校程度の商業簿記および工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得している。財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できるので株式会社の経営管理に役立つ。
3級 財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の経理事務に役立つ。経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる。営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

ページTOP

情報処理技術者試験
ITパスポート/基本情報技術者

情報処理技術者試験とは

情報処理技術者試験は「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定水準以上であることを認定する国家試験です。情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザー(利用者)」まで、ITに関するすべての人が活用できる試験として実施されています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識を総合的に評価しています。また、スキルに応じてレベル1のITパスポートからレベル4の高度(プロフェッショナル)試験まで全12種類の試験がおこなわれています。

IT業界の現状と今後の動向について

日本のIT業界の規模は、通信業界とほぼ同規模だと言われています。この規模は、日本経済全体の中で非常に重要な位置を占めています。またIT産業の製品は、日本経済の全分野で使用されています。
企業活動を支えるビジネス系システムは、販売管理や在庫管理から営業支援まで、すべての業務でITが使われています。今まではこうした企業システムを社内に置いて、社内で運用していました。しかし、最近急激に拡大しているのが、クラウドコンピューティングという方法で、専門の会社がコンピュータのハードとソフトを管理して、普通の会社はインターネットを経由して利用しています。
ビジネスではIT知識が不足していれば、業務(仕事)を効率よくおこなえない状況になっています。社会全体にITが浸透している今、仕事でもプライベートでもITを使いこなす技術を身に付けることは必須です。

●合格率
〈ITパスポート〉平成24年4月〜平成24年9月迄 37.1%
〈基本情報技術者〉平成24年度春期 23.7%/平成23年度秋期 26.2%

●試験日
〈ITパスポート〉CBT試験のため随時実施
〈基本情報技術者(年2回)〉春期試験:4月の第3日曜日/秋期試験:10月の第3日曜日

●出願期間
〈ITパスポート〉CBT試験のため随時申込
〈基本情報技術者〉春期試験:1月中旬より1ヵ月/秋期試験:7月中旬より1ヵ月

ページTOP

MOS試験
マイクロソフト オフィス スペシャリスト

パソコンの操作スキルが身につく人気の資格。 累計受験者340万人超。就活で履歴に書くならこの資格。

MOS試験とは

MOS試験風景

MOS試験はエクセル、ワード、パワーポイントなどの利用スキルを証明する国際資格で、世界各国で実施されています。試験は全てパソコンを使った実技試験です。合否の結果は試験終了後に分かるので、取得したその日から履歴書の資格欄に書いて企業にアピールできます。

社会に出てから役立つパソコン力

業界や職種を問わずあらゆる企業で求められるスキルは、エクセルやワードを効率的に使い、速く・わかりやすく・説得力のある資料を作ることができる“事務力"です。今の時代、事務力とは“パソコン力"と言っても過言ではありません。
事務の業務効率が上がると、アイデアを練る時間や新しいことに取り組める、つまりビジネスパーソンとして質の高い仕事ができるため、金融、商社、メーカーなど多くの企業が新入社員教育としてMOS試験を採用しています。

勉強と受験方法

大学生協で販売している対策テキスト(模擬問題CDーROM付き)での独学が手軽です。全国一斉試験は月に1〜2回実施しています。

ページTOP

TOEIC®
Test of English for International Communication

TOEICテストとは

TOEIC®テストは世界90ヵ国で実施され、年間500万人以上、日本国内でも170万人以上が受験している世界共通の英語コミュニケーション能力テストです。合否を判断するテストではなく、リスニング100問、リーディング100問合計200問、120分のテスト結果により10点から990点までのスコアで客観的な英語能力が評価されます。
多くの大学、短大などTOEIC®スコアによる単位認定が行われ、また就職時にもTOEIC®スコアによる単位認定が行われ、また就職時にもTOEIC®スコアの提出を要求する企業がますます増えるなど、重要性も高まってきています。
大学生の平均スコア(公開テスト)は554点(2011年度公開テスト所属学校別平均スコアデータ:国際ビジネスコミュニケーション協会公開資料より引用)、就活を始める3年生までに目標として600点以上を取得しておきたいといわれています。

IPテストと公開テストについて

TOEIC®テストには、全国一斉に実施される公開テストと、大学や企業などの団体ごと個別に実施されるIPテストがあります。
IPテストとは、団体特別受験制度(IP:Institutional Program)のことで、実施される団体の都合に合わせて随時TOEIC®テストが実施できる制度です。
IPテストは大学でのクラス分けや単位認定など、企業では新入社員の英語能力測定や幹部候補生・海外要員の選別など、さまざまな目的で活用されています。IPテスト(カレッジTOEIC®)の運営を大多数の大学生協で行っています。公開テストを受験する前に、自身のスコアを知る意味で、また公開テストより安価に受験できるIPテスト(カレッジTOEIC)を是非ご利用下さい。

スコアとコミュニケーション能力

  レベル   A B C D E
スコア

860以上

730〜860 470〜730 220〜470 220以下
ガイド
ライン
Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲では業務上のコミュニケーションができる 通常会話で最低限のコミュニケーションができる コミュニケーションができるまでに至っていない

HOME