スタディガイドマガジン「すたマガ!!」2011・春号
HOME 主要資格講座案内 資格試験スケジュール 検定試験スケジュール スクール別・資格講座取り扱い一覧
特集1:現役大学生が、あの人気講師に直撃インタビュー。「教えてください! 資格に関するあれこれ」 特集1:大学生協の資格スクール申込カウンター担当者からのワンポイントアドバイス 特集2:大学生の英語学習4年間のステップアップイメージ
HOME > 特集1:「教えてください! 資格に関するあれこれ」 > 「公務員講座」 野瀬俊郎講師に聞く!
特集1:現役大学生が、あの人気講師に直撃インタビュー。「教えてください! 資格に関するあれこれ」
「公務員講座」 野瀬俊郎講師に聞く!
野瀬俊郎講師
野瀬俊郎
  学校法人大原学園 公務員課課長。公務員講座専任講師
公務員の試験を受ける学生は、どのような人が多いのですか?
 国のため、地域のため、人のために役に立ちたいという志を持った人が多いと思います。その半面、安定指向もあります。仕事とプライベートが両立しやすいという特徴もあるため、女性の志望者も増えています。ライフワークバランスの実現という意味で公務員は非常に魅力のある仕事です。ちなみに本校の受講者の男女比は7:3で男性が多いです。

公務員資格試験のために勉強するメリットを教えてください。
 教養試験の中に「数的処理」という科目があり、それが民間企業のSPI試験に類似する試験です。また、作文や面接の準備も行いますが、最近では民間企業でも論文やレポート提出がありますから、公務員試験に備えて勉強すると、民間企業の就職活動にも役立つというメリットがあります。

公務員試験の勉強で学んだことは、社会に出て役立ちますか?
 公務員試験の勉強には歴史、物理化学、文章理解、英文、法律、経済、政治学、経営学などがあり、これらは「世の中のことすべて」と言っても過言ではありません。世の中のことすべての幅広い知識を学びますから、民間企業で働いていても役に立つと思います。

いつ頃から勉強を始めればいいのでしょうか?
 一般的に必要な期間は1年といわれています。大学3年の夏休みからという人もいますが、全体的に前倒しになってきているため、3年の4月から始めるという人が多いようです。

公務員試験は何度も受けられると聞いていますが...。
 公務員試験は5月から10月までさまざまな試験があり、全部無料なので皆さん積極的に受けます。基本的な勉強内容は、教養試験、専門試験とも同じです。国税専門官を目指すのであれば、簿記の知識も必要ですが、それ以外は大体同じです。各人の受験計画のアドバイスもしています。

国T、地方ではレベルが違いますか?
 国Iの受験者層は東大、早稲田、慶應が多いですね。勤務先が東京ですから。地方はそれぞれ地元の方が受けます。難しいか簡単かというと、各地方で採用者数が変わりますし、年ごとにも変わってきますので一概には言えません。国家公務員のI種II種III種という区分が24年度から総合職試験、一般職試験という名称に変わり、東京の人だけでなく、広く有能な人材が欲しいという考えの現れでしょうね。24年度以降の改革で、国の中枢部に行きやすくなると思います。
 
INTERVIEW
「公務員試験」 竹野康夫講師に聞く!
「教員採用試験」 野田登志子講師に聞く!
「エアライン講座」 加賀野井道子講師に聞く!
「パソコン・簿記講座」 原田和慶講師に聞く!
「簿記講座」 株本重臣講師に聞く!
「公務員講座」 野瀬俊郎講師に聞く!
「公務員講座」 郷原豊茂講師に聞く!
「自己啓発・セルフプロモーショントレーニング(人間力向上)」 上田和徳講師に聞く!
「司法試験講座」 高野泰衡講師に聞く!
「公務員講座」 森本俊一講師に聞く!
村田憲康講師、瀧澤宏之講師、武野辰雄講師、坪倉直人講師に聞く!
「ネイル講座」 田中希実講師、前辻富美講師に聞く!
「日本語教師講座」 川岡ちはる講師に聞く!
「医療事務講座」 小椋千里講師に聞く!
「教えてください!資格に関するあれこれ」TOPへ戻る


  NEXT
特集1「教えてください!資格に関するあれこれ」TOPへ戻る

ページTOPへ戻る

すたマガ!! HOMEへ戻る

HOME > 特集1:「教えてください! 資格に関するあれこれ」 > 「公務員講座」 野瀬俊郎講師に聞く!