企画 話し方講座 「こころ」を伝える話し方

家族や恋人、友人など、人と話すことは日常的な事柄の一つ。しかし「話すのはどうも苦手…」という人も少なくありません。そんな苦手意識の根底には、言葉がうまく出てこない、人前に出るとうまく話せないなど、共通した意識があるようです。そこで今回は、話すことのプロであるアナウンサー・塩田利幸さんに、話し方についてお話をうかがってきました。

  インタビュー セミナー コラム

セミナー

美しい話し方を学ぶ塩田氏による「基本話術講座」
「話し方の基本となるのは、正しい発音です」。壇上の塩田利幸氏の言葉に、参加した学生たちは真剣な面持ちで頷きます。なかには、こまめにメモをとる人の姿も。
これは、美しい話し方を学ぶ「基本話術講座」でみられたシーン。関西テレビで約40年にわたってスポーツアナウンサーとして活躍しておられた塩田氏を講師に迎え、はじめにアナウンサーという職業についての概要、さらにアナウンサー試験についての情報を説明。その後、美しい話し方の指標となる標準語の発音法や、五十音の発声練習などが紹介されました。
「基本話術講座」
「基本話術講座」 参加した人たちが特に苦労していたのが、鼻濁音(鼻にかかって聞こえる音のこと)や標準語のアクセントなどの発音法。特に標準語の発音は、いわゆる“関西人”には、なかなか難しいものだと、塩田氏はいいます。
  講座は「ア・エ・イ・ウ・エ・オ・ア・オ」と大きな声で読み上げる発声練習へと続き、最後に「天気予報」の架空原稿を一人ずつ読んでいくことになりました。緊張しながらも、講座で学んだ知識を活かしつつ原稿を読み上げる参加者たちに「天気予報といえど、想いを込めることは大切ですよ」「うまく読めましたね」など、塩田氏から暖かい声がかけられます。
  講座終了後、参加者から「面白かった」「話し方の参考になる」という声も聞かれ、多くの人にとって充実したひとときとなったようです。

〈2007年11月1日(木)、大阪大学豊中キャンパスにて開催〉

ページの先頭へ戻る


バックナンバー