英語で自分を表現できる「English Cafe」ただいまオープンです!

「Hello!」「Let's talk with us」。レストラン内に、人々の明るい声が響きます。
 そこは、“英語で自分を表現しよう”をコンセプトに開催された「English Cafe」。
 オープン初日から約40名の人 が訪れ、英語で会話を楽しんでいました。

  English Cafeについて Q&A

Q&A in English & Japanese

To:東條加寿子先生
Q  :

「イングリッシュカフェ・スイタ」というイベントを計画したきっかけを教えてください。

A  : The original idea of the English Café has come from Professor Michihiko Ike. English is an essential tool for engineering students to present their research results in a global science community. The English Café, Suita has been planned hoping to provide a time and space for engineering students to "speak English".
発案者は環境・エネルギー工学専攻の池道彦教授です。理工系の学生・大学院生にとって、英語は研究成果の発信ツール。論文執筆や国際学会での口頭発表のための英語力を備えることは必須です。English Café, Suitaでは理工系のキャンパスライフの中に、「英語を話す」時間と場を創生するために企画しました。英語が話せれば“世界とつながる”ことが可能になりますから。
Q  :

英語に苦手意識がある生徒に共通している特徴はありますか?

A  : Some say, "I don't like English," or "I am not good at English." But that's the luxury we can not afford We just need it! Let's have a pragmatic and positive thinking.
英語が“好き・嫌い”、“できる・できない”なんて言っている時代ではありません。特に理工系の学生・院生にとっては、英語は“必要!”プラグマティックに、ポジティブに考えましょう。英語は言語なので、基本的には“できない人”は誰もいないと思います。
東條先生
To:石川誠一さん(学生コーディネータ)
Q  :

英語が苦手だという学生さんたちへ、アドバイスをお願いします。

A  : Enjoy English!!
You can choose the way of studying, such as movie or music. Reading textbooks is not the only way of studying.
自分も大学入学時は英語がすごく苦手だったのですが、勉強を続けていくうちに少しずつ苦手意識がうすれ、楽しくなっていきました。好きな洋画・洋楽など何でもいいので、まずは英語を楽しむ気持ちが大切かなと思います。
Q  :

英語を学ぼうと思われたきっかけについて、教えてください。

A  : I was extremely poor at English when I was a freshman, then I started studying English (especially listening), influented by one of my friends who is very good at English.
大学1年生の時英語がすごく苦手でした。クラスの帰国子女の友人に追いつきたくて始めました。
To:Filip Marzukiさん(学生コーディネータ)
Q  :

How do you think about Japanese students, especially about the eagerness for study?
(日本の学生に対する感想、特に学業に対する姿勢についてどう思いますか?)

A  : I think the students are eager to study but sometimes trend to use one approach to solve something or learn something in too many areas. Specially languages require a different approach. Oral skills are far more important than practicing reading and writing.
日本人は学業に対してすごく熱心に学びますが、多くの領域の問題に対し、ある一つの解決策を用いようとしますね。言語においては特に多様なアプローチが必要です。会話力は読解力や作文力よりずっと大切です。
Q  :

What is the major error about English speaking by Japanese?
(日本人が犯しがちな英語の誤りには、どんなものがありますか?)

A  : Grammar, specially the missuse of articles as: a, an, the and so forth. Then we have expression commonly used which they might not recognise, specially slang whichever the best students have problems with. A slight mistake using articles can totally change the meaning of a sentence.
文法、とりわけ冠詞のミス(a, an, the)。日本人がなかなか気付かないようなもので、特にスラングについては英語が得意な学生でもよく間違いを犯します。冠詞のミスは文意を完全に変えてしまうこともあるので、注意が必要です。
To:石川さん&Filipさん
Q  :

Please teach the useful phrase of English conversation.
(これを覚えておくと役に立つ、という英語の言い回しやフレーズを教えてください)

A  : 石川さん
"You can say that again!!"
When you agree with others, you can say this phrase.
日本語の「言えてるね!」で、誰かのコメントに賛同したいときに言うフレーズです。
フィリップさん(左)と石川さん

フィリップさん(左)と石川さん

A  :

Filipさん
Hi! I'm (name). (やあ! 私(僕)は○○です)
See you guys later/next time. (またあとでね)
So what's up? (どない?)
What have you been up to? (最近どうしてたの?)

【other tips:その他のコツは……】
Please don't be afraid to use passionate words describing your feelings towards something you like, example, I LOVE SNOWBOARDING.
コツとしては、"passionate(熱烈な)"言葉をどんどん使うことです。それによって気持ちをはっきりと表現することができます。

ページの先頭へ戻る


バックナンバー