キャリア形成支援 ガイドブック
大学生協京都事業連合 大学生協大阪事業連合 大学生協神戸事業連合 大阪大学生活協同組合
特集 「読書マラソン」の鉄人を訪ねて シャドーイングで英語のリスニング力を向上させよう 何がなんでも第一印象
HOME > どんな風にやってるの?セミナーレポート
どんな風にやってるの?  セミナーレポート
マスコミ就職セミナー   司法改革とロースクール
マスコミ就職セミナー
 
 
2006年5月11日(木)
「マスコミ就職セミナー」が開催されました。
講師はアクセスアカデミーの西口善則さんです。
場所 関西学院大学生活協同組合の会議室にて
参加者 参加した学生は全部で23名。
(男子:17名、女子:6名)
午後5時に開始され、午後6時半に終了後も熱心な学生たちから質問が相次ぎました。
・アクセスアカデミー
http://www.geocities.jp/mnm_2100/
 
 
西口善則さん
「先手必勝!」これがマスコミに入るための鉄則です。様々な業界の中でも特に人気の高いマスコミ業界。その就職戦線は3回生の秋、放送局のアナウンサーの採用試験からスタートします。そして年明けには一部大手出版社、放送局の一般職が動き、2月から5月にかけて広告、新聞社なども動いて、マスコミ各社の採用がピークを迎えます。

マスコミ就職セミナー 各社とも多くはWEBエントリーから始まり、書類選考、筆記試験、面接試験など、5回前後の選考をクリアしてやっと内定です。筆記試験も時事・雑学を含む一般教養、SPI、論作文、クリエイティブテスト(発想力・連想力・企画力を問う)など様々です。また面接も個人、集団、GDをはじめ、模擬取材、模擬企画会議などマスコミ独特の試験があります。

これらの試験を突破するためには、各社の傾向をふまえ、とにかく行動あるのみです。高い目的意識と地道な努力。これを早くかつ継続した者が勝ち組になるのです。辛く、苦しいかもしれません。が、それを楽しめる人がマスコミに向いているのではありませんか!?
ページTOPへ戻る


司法改革とロースクール
 
 
2006年5月26日(金)13:30〜15:00
司法試験研究部主催 関西学院大学生協協賛で、伊藤塾による学内講演会が開催されました。
場所 関西学院大学 第5別館307号教室
参加者 48名の学生
・伊藤塾
http://www.itojuku.co.jp/
 
 
司法改革とロースクール
宮武嶺講師(伊藤塾講師)
宮武嶺講師一、法科大学院生の勉強とは
法律家は、書面によって相手を説得する場面が多い。そのため、法科大学院の勉強とは、「書く勉強」。すなわち、「分かっている事」「覚えている事」を「書面で表現できる事」が必要。

二、法科大学院に入ってから勉強するのでは遅い。
関学法科大学院でも、未修者コースに旧司法試験択一合格者がいるレベル。法科大学院入試に合格してから、入学するまでの半年が勝負。入学までに数段のレベルアップが必要。
法科大学院の授業で勉強するのではなく、日頃勉強してきたことを、法科大学院
の授業や議論で確認するという姿勢が必要。
高野泰衡講師(伊藤塾講師)
高野泰衡講師 一、法科大学院入試の実態
関学法科大学院既習者コース入学者71名(出願者529名)のうち、関学出身者は15名にすぎない。しかも、それは、卒業生や大学院からの転進を含むため、関学法学部を卒業してすぐに法科大学院に入ることができた関学生は極めて少ない。

二、旧司法試験の択一合格者が参入し、既修者コースの競争激化
旧司法試験専業受験者の勉強量(1日平均10時間以上)を考えると、通常の学生生活を送っている法学部生では、とても太刀打ちできない。
法科大学院入学を志望するならば、旧司法試験受験に相当する準備が必要。
ページTOPへ戻る


 
Web Original
新TOEIC攻略アドバイス
COLOR・BIZ
夢をかなえる就活カラー・コーチング
ふくろう書店
ほーほー堂店主のお薦めブック
どんな風にやってるの?
セミナーレポート
2006年度版
一目でわかる資格試験カレンダー
2006年度/下期
検定試験カレンダー
STUDYGUIDE トップへ戻る
HOME > どんな風にやってるの?セミナーレポート
   
Copyright